読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のつとめ

カエルワナビーがアメリカで日々のいろいろを綴る話

シアトルでオススメのお土産の話

シアトルで見つけてしまった…!可愛いお土産を…!!

シアトルといえば、ベタにスタバの1号店のマグカップとかもいいのですが、それももう飽きてしまったり、何かひと味違うものをお探しの方へ。今回雑貨のお土産をご紹介です。

 

ヽデデンッ/

f:id:tomokosh:20160803035445j:plain

可愛いイラストのマグカップ(琺瑯製)です!!

 

なんとも言えないこのイラスト…!!

シアトルのデザイナーさん?なのかしら。

このCHALO Co.のグッズがとっても可愛いです。

 

その他各種取り揃えられたグッズの数々!

f:id:tomokosh:20160803040317j:plain

 

これはワシントン州のお土産物屋、Made in Washingtonにて展開中でした。

ただ、ご注意!なのは、今のところ?街の中心部にあるウェストレイクセンター店でしかこのグッズの取り扱いが無いことです!(2016年7末現在)

試しに他のメイド・イン・ワシントンの店舗に行ってみたのですが1つもこのグッズがないお店がありました。

 

そしてこのゆる〜いトリのマグ(勝手に”ゆとりマグ”と命名)に一目惚れしまして買ってきてしまいました。

f:id:tomokosh:20160803040944j:plain

中にもシアトル/ワシントン感ある!

 

ちなみにパッケージも可愛くてたまりません。

f:id:tomokosh:20160803041027j:plain

 

側面も抜かりナシ!

f:id:tomokosh:20160803041128j:plain

とても気に入ってしまって、この”ゆとりマグ”、大変重宝しております。

 

他には、大きなバッグもオシャレでした!

f:id:tomokosh:20160803041239j:plain

配色がラルフ・ローレンっぽい。そして可愛い。

このイラストは、パイクプレイスマーケットにある黄金のブタさんの意匠であります。

 

大体ですが縦20センチ、横30センチ強、幅10センチくらいの大容量!

内ポケットも3つありまして、うち一番大きものはファスナー付き。

ちなみにバッグ自体にもファスナー付きです!ファスナーには革紐付き。

f:id:tomokosh:20160803041610j:plain

お弁当持ってのお出かけとか、たくさん荷物あるときとか超便利!!

 

あとはついついコレも惹かれて買ってしまったゆる〜いアヒルのポーチ…。

f:id:tomokosh:20160803041829j:plain

たまらんです。みんなどこ見てるのー!

 

ちなみに、ゆるいトリのトートバッグもありました。

形は違って、深さがあり、そんなにマチが無いのですがこれもまじで可愛いです。

↓米国Amazonでも扱いありました。


いやー、可愛いわオシャレだわで、ワタシ的にはドツボです。

ヒャッハー!

 

気になる方は、メイド・イン・ワシントンのウェストレイク・センター店へぜひ!!!

シアトルで美味しいアイスクリームを食べるなら

シアトルで美味しいアイスクリームを食べるなら、

間違いなくここ一択ではないでしょうか。

 

Molly Moon

2615 NE 46th St, Seattle, WA 98105

※店舗は全部で7店舗あるのでわざわざここに限らず近いところへどうぞ!

 

f:id:tomokosh:20160728135503j:plain

 

コレがっ…!ハンドメイドでめちゃくちゃ美味しい…!!

しかも、このコーンもお店で焼いているのですよ…!!!

 

種類は10種類くらいだったかと思います。

写真は、悩んで店員さんにおすすめされたアールグレイのアイスです。

ダブルもできるし、チョコやナッツトッピングとかも出来ます。

ほんのりの甘さでパクパクいけちゃうのと、コーンに厚みもあってザクザクしっかり感がまたいい感じです。

 

外観はこのようにライトブルーとホワイトを基調としたものでオシャレ感あります。

f:id:tomokosh:20160728135804j:plain

 

ただひとつ!

ここも夏の観光シーズンの午後の時間帯は行列が…!

f:id:tomokosh:20160728135841j:plain

 

私が入った時にはちょうどお昼頃で空いていたのですが、午後2〜3時頃に前を通ったらすごい行列ができておりました!

暑いと食べたくなるし、待っても美味しいからいいのか…しかも日陰だとそこまで暑くないから待てるし…。

 

私がお伺いしたこの店舗はワシントン大学に近くに位置しており、今現在世界で1店舗しかないAmazon Booksの目の前にあります!

 

他の店舗には、前にドーナツの回でご紹介したマイティ・オー・ドーナツのあるキャピトル・ヒル店もあるのでドーナツとアイスのはしごしてもいいですね…☆

うわぁ、考えただけで幸せだっ。

 

あぁ、またここのアイス食べたくなってきてしまった…。ぐるる。

 

**********************

Amazon booksに行った時の話


キャピトル・ヒルにあるドーナツ屋の話


 

 

 

シアトルで美味しいクラムチャウダーの話

クラムチャウダーはサンフランシスコでもおなじみですが、シアトルも負けては居ません。

一度は食べたい、食べていただきたいシアトルのクラムチャウダー!!!

 

シアトルには3年連続で全米ベスト・チャウダー賞を受賞し、全米チャウダー界でもその名を轟かす名店が、パイクプレイスマーケットにあります。

 

Pike Place Chowder

1530 Post Alley, #11, Seattle

 

ここは本当に美味しくて、今年3回シアトル訪れて、結局3回訪問してます。

日替わりのパイク・プレイス・チャウダー!

(この日はムール貝、ホタテ、サーモン、玉ねぎ、セロリ、トマト等が入っていた!)

f:id:tomokosh:20160728024407j:plain

 

スモークサーモン・チャウダー!

美味しい。本当に美味しい。スモークサーモン…!北国きました感ある!

これは寒い冬に食べたからかすごい印象に残るくらい美味しかった!

f:id:tomokosh:20160728024641j:plain

 

シーフード・ビスク!

海の幸がギュゥッと詰まったビスクでございました。

トマトベースでこれもなかなか。

f:id:tomokosh:20160728024832j:plain

 

ただ一つだけ気になることが…。

オフシーズンの冬に訪れた時はそれほどでもなかった行列が…

夏の観光シーズンに行くとすごい行列に!

 

冬の様子↓

f:id:tomokosh:20160728025036j:plain

 

夏の様子↓

f:id:tomokosh:20160728025100j:plain

 

うひゃぁ、です。確か開店時間11時でこの夏の日は11時30分ころに行ったと思うのですが、この行列。

冬は多少(長くても5分以内)並んでもさすがに外まで並ぶことはなかったのですが、夏は確実に帽子必須です。

ちなみに写真のところからは40分程並んで食べることが出来ました!

ちなみに、基本的に席取り禁止なのでレジで頼んで出てきたら空いてる席につく、が基本です。

とはいえ店内と外に席がありますし、回転率も高めなのでもし埋まっていても少し待てば空くと思います。座席難民になっている方はそんなに見かけませんでした。

 

寒い冬にチャウダーはもちろん美味しいのですが、夏のシアトルの爽やかな天気の中食べるチャウダーも良し、です。

 

夏の観光シーズンに行く方は行列覚悟でどうぞ!

でも待った甲斐があるくらいに美味しいです。

 

ちなみに、歩いて10分程にある近くのPACIFIC PLACE CENTERにもここの店舗があります。こちらに実際足を運んだことは無いのですが、夕方4−7時でハッピーアワーがある模様。外に並ぶのはちょっと…という方はこちらに行ってもいいと思います◎

シアトルで美味しいドーナツ屋の話

前回に引き続き、シアトルの話です。

美味しいパンに続いて無性に食べたくなったは、ドーナツ!

アメリカではその土地々々で地元のドーナツ屋があるから楽しいです。

 

さて、早速。

 

Mighty-O Donuts

1400 12th Ave, Seattle, WA 98122

 

f:id:tomokosh:20160727135901j:plain

アメリカでは珍しい完全オーガニックなドーナツ屋でして、このシアトル旅の中では一番美味しかったドーナツです。

シアトルに合計3店舗あるのですがいわゆる中心部にはキャピタル・ヒルにしかなく、他の2店舗は少し北側にあります。

伺ったのはキャピタル・ヒル店でしたが、閉店時間間際だったからか、ドーナツに割引効いてました。ラッキー!

 

店内も広々としていて、とても良いです。

ドーナツの種類はわりとありまして、目移りしてしまうほど。

フワフワ系ではなく、基本しっとり+しっかり系のドーナツです。

お腹いっぱいだけど少しだけ食べたい…と思ったらミニ・ドーナツの扱いもあありました!!!(ミニは2種類程ですが!)

コーヒーにもこだわりがありそうで、豆なんかも置いてました。

アメリカで自然派ドーナツが食べられるなんて最高です。また行きたい、また食べたいドーナツ屋でした。

 

 

Top Pot Doughnuts

888 Western Avenue, Suite E, Seattle, WA 98104

※結構店舗があるので、ここに限らず検索すると近いところにあるかもしれません。

 

f:id:tomokosh:20160727140934j:plain

シアトルではおなじみのトップポットドーナツ!

QFCという地元のスーパーのベーカリーコーナーで扱っているドーナツは、トップポットのものなので、わざわざ店舗に行かなくてもQFCに行けば食べることが出来ます。それくらいシアトルではおなじみ感のドーナツ。

今までもスーパーで買って食べたりしてましたが今回はわざわざ店舗に行ってみました。

 

市内にわりと点在しておりますが、この船のターミナル近くに位置する店舗は大変気持ちが良かった!!

店内、3面ガラス張りで、そのうち2面は木々がちょうど良い高さまであるので、天気が良いと木漏れ日の中で食べるドーナツ感ありました。行った時間が良かったのか、わりと静かで落ち着いて食べることができました。

 

ちなみに店内に、一つだけドーナツクッションが宙に浮いていたのですが、そのドーナツのスパークリングチョコの色がで地元アメフトチームのシーホークスカラーでした。これぞ地元愛…!

 

こちら、一応フワフワ系ドーナツも置いてはいるのですが、しっとり+しっかり系が多かったように思います。他と違うところと言うと、ドーナツだけでなく、マフィンとかもわりと置いてました。

 

 **********************

ドーナツ屋は2店舗しか回りきれなかったのでまたシアトル行った際には追加します!

それにしても自然派のマイティ・オー・ドーナツ美味しかった…。

オーガニック食品には気を使うアメリカなので、シアトルに3店舗のみと言わず全米展開してほしいくらいです。

 

シアトルで美味しいベーカリーの話

シアトルで美味しい4つのベーカリーのお店をご紹介する食いしん坊の記事です。

 

住んでいるノーステキサスではまだ美味しいベーカリーに出会ったことがなく、常々美味しいパンが食べたい…!と思っていたので今回のシアトル滞在中はベーカリー中心に散策してみました。

 

では、早速!

 

Le Panier

1902 Pike Place  Seattle WA 98101

 

f:id:tomokosh:20160726022650j:plain

シアトルでおなじみ、パイクプレイスマーケットにある超人気ベーカリーです。いつも人が並んでおります。フランス系ベーカリーで、硬派なパンからフランスパン使ったサンドイッチ、惣菜系パンに、マカロン、エクレア、タルトの扱いも!

エスプレッソ使った飲み物もそこそこ美味しく、人気の理由がわかります。

惣菜パンはほんのり温かい状態で出してくれます。

ただ、店内の混雑状況に比べて座席数が少ないように思うので、座りたい方は座席KEEPをお忘れなく。

並んでも美味しいパン食べたい・・・!という方にはおすすめです。

 

dahlia bakery

2001 4th Ave seattle, WA 98121

 

f:id:tomokosh:20160726024150j:plain

アラスカエアラインの機内食も提供している大手、Tom Douglasの系列店です。

このベーカリーの隣にはdahlia Loungeというしっかり目のレストランもあります。

店内は純粋に持ち帰り専用ベーカリーで、机と椅子は外に出ている2セットしかありません。

今回クロワッサンを頂きたかったのですが午後に行ったらもう売り切れ…!聞くとクロワッサンは人気でほとんどAMに売り切れてしまうそうで…。無念。

かろうじて残っていたクイニーアマンと、フィグ(いちじくのさっぱりジャムを、ほろりとしたクッキー生地でまいたもの)を頂きました。

クイニーアマンは歯にくっつく系でうーん…。人気があるというフィグはそこそこ美味しく頂きました。

店内にはエクレア、ケーキなども扱っており、美味しそうに陳列されてました。

クイニーアマンの印象でしか無いのですが、大手系列店にある外さない美味しさかなという印象です。

 

交通の中心となるウェストレイク駅から歩いて行けます。

 

 

Spring Thyme Bakeshop

77 Spring St, Seattle, WA 98104

 

f:id:tomokosh:20160726025620j:plain

パイクプレイスマーケットなどの中心部から少し離れてしまうのですが、船のターミナル付近にあります。

落ち着いたベーカリーというところで、パンのみならず、サンドイッチ、サラダ、クッキー等のスイーツ系と種類は多くないものの幅広くカバー。

クロワッサンは王道菱型パリパリよりも丸型のふんわり系。女性に人気のお店のようで店内と外の席はほとんど女性でした。

店内にあった紅茶がNYでお馴染みのHarney & Sonsでした。

これまでの感触でいくとややお高めの値段設定。でも丁寧で美味しいベーカリーという印象です。

 

 

ベーカリーの種類に入れてしまいますが、ピロシキのお店をご紹介。

Piroshky Piroshky 

1908 Pike Pl, Seattle, WA 98101

 

f:id:tomokosh:20160726030448j:plain

 

パイクプレイスマーケットにある唯一のピロシキ屋。先にご紹介したLe Panierの3軒お隣にあります。こちらも行列ができる人気店です。フワ〜っと外に漂ってくるピロシキの香りがたまらずについつい並んでしまう…!!

店内にカウンターに4つほど席がありますが本当に狭いのでサッと食べてサッと出る感じです。でもほとんどの方は食べ歩きで堪能している模様でした。

ラインナップは、おかず系ピロシキとスイーツ系ピロシキ。

おかず系ピロシキが人気の模様で、熱々のピロシキが美味しいです!!

しかし並んでいても、お店イチ押しでもあるお目当てのスモークサーモンピロシキが売り切れていたら無いので、ご注意…!

注文時にたどり着いたときにあるピロシキしか頼めません。コレばかりは運任せです。。。

今回はおかず系ピロシキの、ビーフ&オニオンとハム&チーズほうれん草しか頼んでないのですが、あっという間にぺろり!でした。また食べたい…。そして次こそはスモークサーモンピロシキを…!!

 

************************

わりと距離が近いところに美味しいベーカリーが集まっていて非常に良い街ですね…。

次はシアトルのドーナツ屋を勝手にご紹介します。

 

これまでのシアトル編でいうと、美味しいエッグベネディクトや、牡蠣、チーズ、コーヒー屋の話も書きましたのでご興味ある方はどうぞ。

主に食いしん坊全開ですが、その他のシアトルの話はタグをつけてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

シアトル市内でバスに乗る方法

今年3回目となるSeattleに行って参りました。

前々回は1月末、前回は2月末〜3月上旬と冬のSeattleでしたが今は夏!

冬は閑散気味なSeattleもこの夏の観光シーズンで大変な人の賑わいでした。

この時期、ノーステキサスは既に連日最高気温38度前後を記録してますが、シアトルは最高気温が25〜26度と大変過ごしやすい!最高です!

 

夏のシアトルは、いわば海と湖のある軽井沢、みたいでとっても過ごしやすくて本当に素晴らしいです!

f:id:tomokosh:20160723034850j:plain

さて、今回は観光シーズンにお役に立つであろうシアトル市内のバスの乗り方をご紹介します。

街中歩いていて日本人の方に「バスの乗り方知ってます?」と言われたこともあり、意外と需要あるのかな、と思います。

 

ここでは短期のシアトル観光を前提した、

長距離移動(サウンドトランジット等)は除く簡単な市内のキング郡が運営するメトロバスの乗り方です。

 

シアトル市内でバスに乗るには

1:運転手側からバスに乗る

2:お釣りのないように現金を支払う。

→通常時:2.5ドル 

→ピーク時間(朝6時〜朝9時と午後3時〜午後6時):2.75ドル

3:降りるときにはバス内に張り巡らされている黄色の紐を引っ張り、次降りますサイン出す。

4:(なるべく後ろから)降りる

 

簡単です。

 

観光だと、ちょこちょこ何度もバスに乗ると思うのでその際には最初に乗ったバスで現金支払ったら

トランスファーチケット(紙ペラ)を運転手さんからもらいます。

f:id:tomokosh:20160723035538j:plain

トランスファーチケットは、毎日、と、頭のアルファベットが変わっているので、当日限りしか使えません。取っておいて次また使おうなんて事はしないように…。

 

トランスファーチケットをもらったら、表示されている時刻まで有効です。たとえ通常料金でチケットもらってもピーク時までカバーされていたらそのまま使って大丈夫です。追加料金を支払うことはありません。

 

例えば、

f:id:tomokosh:20160723035912j:plain

このトランスファーチケットは午後3時までこのチケットで乗り降り可能、ということです。

 

今までの経験からすると、3時間〜4時間先まで乗れるようになっていると思います。

半日ほど観光するのであれば、5ドルほど持っていれば十分バス乗り放題になるかと。

 

バスの中はこんな感じです。

f:id:tomokosh:20160723040358j:plain

右の黄色い紐を引くと、次で降りますサイン、です。

 

アメリカのバス停は大概、道と道の交差点がバス停なので、

行き先の道と道の名前を頭に入れておくと降りるときスムーズです。

片手にグーグルマップでバス停を表示させておくと完璧です。

 

現地の方はオルカカードというスイカ/パスモみたいなカードを持ってますが、そもそも買うのに前金が必要ですし、大きな駅に行かないとGETできないので、サクッと短期の旅行の場合は現金支払で乗り降りしたほうが面倒でなくていいと思います。

 

市内では10分も待てば次のバスが来ることが多く、特段困った事はありません。

私はレンタカーなしに、ワシントン大学や、Amazon booksのあるユニバーシティ・ヴィレッジ、カークランド方面、スタバの工場、行きたいコーヒー屋、お店などちょこちょこ移動で利用してました。街中から、シアトルの街が一望できるケリー・パークにも20分ほどで行けます。UBERやタクシー等に頼らずで楽々バス観光です。(これらに比べてしまうと時間はかかりますが、街をのんびり見ることができるバス移動も一興かと。)

 

日中バスに乗っていて怖い思いなどは今まで一度もしたことは無いのですが、市内ですと、フェリー乗り場から南側の街に行くと、治安が、「おや…?」という印象なので、用心するのに越したことはないと思います。

 

あと、これは実際に行ってみて分かることなのですが、シアトル市内もサンフランシスコみたいに意外と坂が多いです!(しかも突然急な坂だったりする)

目的地までグーグルマップで調べると徒歩10分、とか出て「やった!歩ける!」と思ってもすごい坂だったりするのでこれからシアトル市内を短期で観光する方は、バス移動、おすすめです!

 

追記:そういえば、今現在(2016年7月下旬)、市内ではなかなかPokemon Goに繋がりにくい状況でした。やはり人も多いからなかなか…ね。。。

ヒューストンで格別に美味しいレストランの話

最近、食いしん坊の話をしていなかったので今日は食いしん坊の話です。

 

ヒューストンに行った際に、何食べようかな、と思ったのですが

やはりここはテキサス。

ベタにテキサスの味でも味わっとくかと思い、向かったのはこのお店。

 

Taste of Texas

10505 Katy Freeway, Houston, TX 77024

 

ベタな店名ですね。でもですね、これがっ…!予想以上に素晴らしかったです。

確か伺ったのは予約なしで夕方5時少し前の4時台だったと思うのですが、もう既に人がいっぱい…!!

しかも車を停めて入り口まで向かっていると、お店から出てきた陽気なおじさまが

 

今日のお肉、売り切れちゃったって〜!

 

とか声かけてくださるもんだから、そんな人気店なの?!と思っていたら本当に人気店でした。

 

案内頂いて既に人でうめつくされたテーブルを進み、席につくと素敵な絵画(テキサス仕様)が壁に飾られており、気分が高まる!

 

最初にオーダーしたのはポテトスープ。

f:id:tomokosh:20160714232910j:plain

ポテトスープ ON ベーコンとネギ…!

ポテトにネギって新鮮だな!と思ったら、ポテトが濃厚だしのようでなんだか豚骨スープを食べている気分になってきた…!

 

そしてお次はクラブケーキ。

f:id:tomokosh:20160714233139j:plain

ちょっと、奥のレモンさん、オシャレすぎやしませんか。

こんなにオシャレなレモンさん、初めて見ました。

黄色いガーゼで包まれているので絞った時に余計な果肉や種が出ないよう配慮されている…!

そしてこのクラブケーキの美味しいことといったらもう、たまらん!です。

ヒューストンは海が近いから?でしょうか。内陸地のノーステキサスではなかなか見かけない海のものに心が踊りに踊りました。

海のもの、サイコー!カニ、サイコー!

 

そして最後はやっぱりリブステーキ。

f:id:tomokosh:20160714233529j:plain

はい!きましたよ!認定アンガス牛!

アンガス牛の中でも2割弱(本当か?)しか認定されてないという認定アンガス牛!

もともとテキサスのお肉は普通のスーパーのお肉でも美味しいのですが、これは格別…!他のお肉とは圧倒的な実力の差をみせつけられたようです。

素材が良いっていうのはこのことか、というのがよく分かる一皿でした。

 

最後はお腹いっぱいでデザートまでは辿りつけず…、でしたが他のテーブルに向かうデザート達を横目に満足してました。どれも美味しそうだった…。

 

心いっぱい、胸いっぱい、お腹いっぱいの三重の幸福で満たされお店の出口に向かうと、入店時にはなかった行列が!しかも外にも!

外待ちの人には、何台もあるわりと大きな冷風機の前で、無償でお水やコーラや炭酸飲料が振る舞われ、テキサスの酷暑の中でも涼をとりながら待つことができます。

何このホスピタリティ in アメリカ…!

 

案の定、駐車場はいっぱいで停めたそうな車がウロウロ。

店内の広さに比べると若干駐車場少ないかもしれません。

もし伺う方は早めの時間を狙うか、予約するといいと思います。

 

このレストランのおかげでヒューストンでの食は大☆大満足でした。

今現在ヒューストンの1店舗しかないので、ぜひノーステキサスにも進出してほしい!!!!!