読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のつとめ

カエルワナビーがアメリカで日々のいろいろを綴る話

サンフランシスコ ナパバレーで結婚式を挙げる話

ワイン好きが高じて行ったはSan Francisco/Napa Vally.

そこで天国のような場所だったのが、結婚式を挙げたAuberge du Soleilです。南仏のような素敵な雰囲気は素晴らしいし、ワインも美味しい。食事は完璧だし、その佇まいからして本当に天国があるならば、ここだと思っていました。

 

結婚に向けて車輪が動き出した時、思わずパートナーにお願いしました。「オーベルジュ・ドゥ・ソレイユで結婚式がしたい」と。

結婚式の感想は人それぞれなので実際に行うまでの話です。

※2014年5月、両両親兄弟のみで挙式しました。

 

f:id:tomokosh:20150703055040j:plain

 

◎オーベルジュ・ドゥ・ソレイユで結婚式を挙げるまで

・オーベルジュに予約を入れる

・自分たちで必要な方々を探してお願いする

・事前に牧師さん、メイクさんと打ち合わせ

・当日を迎える 

 

まず、オーベルジュに何月何日、昼時間か夜時間か、何人で開催したいと連絡します。するとWeddingの詳しい案内が届きます。少人数の場合は、テラスか中庭の屋根付きかどちらか選ぶことができました。

オーベルジュといえばあのテラス!ということで私達は雨が降らない事を祈ってテラスにしました。予約は確か半年前からで、結婚式でテラスが使えるのは月曜〜木曜でした。

 

オーベルジュ側でウェディング担当の方はつくのですが、基本、プランナーさんではなくオーベルジュにいる担当者さんだと思ったほうがいいです。設備以外に必要なものは全て自分たちで探して個別にお願いします。

ただ、名簿リストみたいなのはもらえたので、その中の方にご連絡入れたり、自力でネットで探したり、自分たちの予算と作りたい雰囲気にあった方を見つけました。

 

オーベルジュ側のプランに含まれていたもの

・当日会場セットアップ

・オーベルジュのパティスリーが作ったプチウェディングケーキ

・乾杯のボトルスパークリングワイン/誓いのボトル赤ワイン

・担当のコーディネーターさん

 

自分たちで連絡して準備をお願いした方々

・牧師さん

・メイクさん

・カメラマンさん

・バイオリニストさん

・フローリストさん

 

◎牧師さん

Rev. Blane Ellsworth

Wedding Ministries - Contact information for Rev. Blane Ellsworth

ナパに住んでる牧師さんでYelpの評価もとても良く、決めました。

式の前日にナパ入りをしたのでナパ到着後そのまま牧師さんの家に行き、当日の打ち合わせをしました。

バラに囲まれた家に住んでいらっしゃる素敵な牧師さんで、打ち合わせ終わりに庭を見て回った際に、「どのバラが好き?」と言われたので、ピンクが強めなバラを選んだら、当日にそのバラを摘んで来て下さり、式の終わりにバラを宙にまいて下さいました。青い空に舞う鮮やかなピンクのバラの花びらたちは忘れられない景色です。

 

◎メイクさん

Maria Chang

Professional Makeup Artistry. High Fashion Hair and Makeup for the Modern Bride. San Francisco Bay Area and Destination Weddings.

サンフランシスコで活躍するメイクさんにお願いしました。

少し値は張りましたがHPを見るとアジア人の方も手がけられていたのと、当日も朝からホテルの部屋にてメイクを手がけ、その後も終始付いてくださり、写真取るたびに手直しや、ドレスの裾まで細かく気にしてくださって本当に大満足でした。

リハーサルはサンフランシスコのアトリエで行います。当日写真も撮影して頂けるので、リハーサルの時のメイクを自分で見て、当日はこうして欲しいとリクエスト出来るので安心です。

アジア人いや、日本人の顔はアメリカ風のメイクするとどうしても濃くなりますが、うまくメイクしてくださいました。(とはいえ濃いなぁ、と思ったのは美意識の違いでしょうか。)

 

◎カメラマンさん

Lori Paladino

Award Winning Wedding Photographer in Napa, CA | Sonoma | San Francisco | Lifestyle & Family Photography | phone 415-595-5674 | email lori@loriphoto.com

ネット上で検索していたら、サンフランシスコエリアでは相当有名で腕のあるカメラマンさんに当たりました。

本当に美しく、そして上品に、当日の幸せに包まれた雰囲気をそのまま撮影して下さいます。結婚式だけではなく、家族写真も得意のようですのでサンフランシスコエリアにお住いで家族写真欲しい方はぜひ。

 

◎バイオリニストさん

Peggy Brady

※下サイトは音が出ます。

Eloquence String Quartet and Trio of Napa Valley 

音楽はiPodでもできるよ、とオーベルジュの方に言われたのですが生演奏がいいなぁ…という想いのもと、私達はソロバイオリニストさんにお願いしました。

事前に提案頂いた曲を元に、好きな曲やかけて欲しい曲をリクエストし、素敵な音色を奏でてくださいました。

 

◎フローリストさん

Jessica Switala

Fleurs de France - Sonoma, Napa, Wine Country Wedding Florist & Event Design - Sonoma Napa Wedding Florist, Wedding flowers, Northern California, Winery Venues, Receptions, Elopements, Destination Weddings

こちらもナパ、ソノマエリアでご活躍のフローリストさんで雰囲気が好きだったので決めました。色合いはHPのサンプルから選び、会場のイメージを伝えて構成してもらいます。テラスのお花とブーケ、ブートニアは全てお願いしました。(TOPの写真のとおりです。)受け取りはオーベルジュの担当の方にお願いしました。

ブーケはこちら。

f:id:tomokosh:20160803043630j:plain

 

もちろん現地には、全て手配して下さり、かつ日本語が通じる現地のプロウェディングコーディネーターさんもいらっしゃいますが、英語に問題ない方は自分で手配すると良いと思います!(私はパートナーに頼りきりでしたが…)

 

◎当日の流れ

7:00 ナパ中心部のホテルにメイクさん到着。メイク開始。

10:00 オーベルジュドソレイユに到着、着替え等

11:00 オーベルジュの敷地で写真撮影

12:30 挙式

13:00 家族写真撮影、ケーキカット、結婚証明書(形式のみ)にサイン

13:30 レストランでランチ

 

**********************************

ドレス・衣装は全て日本で買い、持って行きました。(帰国後、日本で披露宴のみ行いました)

一日の流れが早かったですが、両家族と共にレストランでゆったり食事をしていると、たまたま20年前の同日にオーベルジュで結婚式をしたというとても素敵なご夫婦がテーブルにお見えになりまして、ワインを一本プレゼントで頂くというまさかのサプライズがありました。

 

天国のような場所が自分の人生の中で大事な場所になったのは本当にありがたいことでしたし、非常に彩りのある記憶です。

 

日本人同士、日本方式で婚姻届を出す場合についても書きましたのでご興味ある方はどうぞ。