読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のつとめ

カエルワナビーがアメリカで日々のいろいろを綴る話

アメリカでディスクゴルフのコースを初めて見た話

出会いはごく自然なものでした。

先日、初めて訪れた公園を散歩しておりましたら何やら所々にこんなものが。

 

f:id:tomokosh:20151209110003j:plain

 

なんぞ?

 

気づいてみたらこれがあちらこちらにありまして、その公園自体がディスクゴルフのコースでもありました。

 

上の写真の正体はディスクゴルフというスポーツのゴール地点(というのかな?)でした。ゴルフで言うカップです。

 

f:id:tomokosh:20151209110227j:plain

ちゃんと18ホールあります。

普通の公園と共存しているところがいいですね。

 

ちなみに、スタート地点にはこのコースをどうやって進めていったら良いかという案内も。

f:id:tomokosh:20151209110312j:plain

 

天気が良かったのでぶらぶらしていたら、早速ディスクゴルフを楽しんでいる親子を発見。

 

f:id:tomokosh:20151209110424j:plain

 

私はディスクゴルフ、というのに初めて出会ったのでこんなスポーツもあるのかと思ったら1900年代中頃に出来たスポーツなのですね。ちなみにアメリカ発祥。

 

ちなみにこの親子の他には、男子2人組で楽しんでいたり、フラリと1人で来て3枚投げて次へ行く、というスタイルで練習している方もいらっしゃいました。

 

ゴルフ場みたいに芝のメンテナンスが必要、ということもなく、ゴールまで木が生い茂ったり、川がながれているのもまた一興ですし、歩道から少し入ったところでプレーをするので気にせず歩道を走ったり、散歩もできるので一般の公園とは大変相性がいいですね。

 

一般の公園にあるので使用料などは一切なし!

ディスクゴルフ、興味湧いてきました。