読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のつとめ

カエルワナビーがアメリカで日々のいろいろを綴る話

アメリカで美味しいざくろを食べる話

江戸川乱歩や川端康成の小説ではないけれど、ざくろ、を初めて買いました。英語だとpomegranate/ポメグラネイトという名前で売られております。

 

ヽツヤッツヤ/

f:id:tomokosh:20151218075611j:plain

よりすこし深い赤で、あんまり傷がなくて、ほかよりすこし重めのものが熟したざくろだそうです。

ざくろはこちらでは9月〜11月が収穫時期で、少し前から旬のようです。たしかにスーパーでざくろが少し前から出ていました。

 

ざくろの天地を切り落としたら、すこし切れ目を入れ、水の中で(果汁が飛ぶので)剥くってつぶつぶを取り出すのですが、(興味本位で)断面図が見たくて半分に切ってみました。

f:id:tomokosh:20151218075817j:plain

ざくろの断面図。なるほど…。

 

水中で丁寧に取り出すとこんな感じになります。

f:id:tomokosh:20151218075923j:plain

 

宝石のようにキラキラです。もちろんこのまま食べても美味しい!!幸せ!

ですが、先日どこかで食べたケールとざくろのサラダが美味しかったので再現しました。

 

◎用意したもの

・ざくろ 1つのうち適量を使う

・オーガニックケール 2枚

・モッツァレラチーズ ボッコンチーニ1つ

・砕いたクルミ 適量

・ダッカ スプーンひとさじ

※ダッカについては下記事ご参照下さい

・オリーブオイル スプーンふたさじ

(・レモン汁 少々)

 

◎作った方法

1:ケールを洗って一口大に

2:チーズを一口大に

3:皿にケールとチーズとざくろとくるみをちらして

4:オリーブオイルとダッカ(とレモン汁)を混ぜたものをドレッシング的にかける

 

ヽかんたん!/

 

f:id:tomokosh:20151218080945j:plain

 

こんなに簡単で美味しいサラダが家で実現できるとは!!

ちなみにダッカ、につきましてはこちらをどうぞ。↓

 

今回はこの時のダッカではなく、また新しく買いました。

HENRY LANGDONのスパイスです。こちらはオーストラリアのものでして、マカデミアナッツがわりとゴロゴロしていていいです◎もちろんアボカド料理にも!!

f:id:tomokosh:20151218081709j:plain

ほんとうに美味しいスパイスです。しかも手軽で万能!

日本でも流行ればいいのに…。