読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のつとめ

カエルワナビーがアメリカで日々のいろいろを綴る話

ノーステキサスの本当に何もない土地の話

テキサスの特徴は、本当に広い土地、です。

 

どれくらい本当に広い土地かというと、以前CNNのニュースになっていたのですが、とあるテキサスの牧場が7億2500万ドルで売りにだされた。という話。

その広さ、NYとLAを足してもまだ大きい、というので驚きです。

 

裏を返すと、NYとLAを足した以上の広さのある牧場がある土地、それがテキサスです。

 

(↓CNN英文記事です)

 

土地があるなぁ〜と思うのは、実際にフラリと歩くと何もない土地にあたります。

森でも林でも沼でも公園でもなく、本当になんでもない土地。

 

f:id:tomokosh:20160213090510j:plain

 

その名の通り何もない土地、です。特に何が建設される予定もなく、ただここにあるだけ。そして裏には集合住宅。

 

こんな土地がそこら中にポンポンあるので、テキサスの広さを実感します。

多分もともとは牧場とかだとは思いますが。

 

最近の最高気温は22度くらいまで上がります。

珍しく歩いてでかけたのですが、すでに夏の陽射しで肌が痛いです。(風はまだ涼しいです)芝はまだ冬仕様ですが、一足先に夏の太陽を浴びました。

 

おしまい。

 

f:id:tomokosh:20160213091218j:plain