読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のつとめ

カエルワナビーがアメリカで日々のいろいろを綴る話

アメリカ半分横断 引っ越しロードトリップの話 2

アメリカ生活 LA アメリカ生活 TX アメリカ生活準備編

CA→TXの引っ越しの話の続きです。

ロードトリップは天気がいいと本当に気持ちがいい。

f:id:tomokosh:20160221024453j:plain

 

2日目はこちらのルートです。

初日:ロサンゼルスの住居→パームスプリングス→フェニックス(走行時間7時間半)

2日目フェニックス→サンタフェ(走行時間7時間半)

3日目:サンタフェ→ルボック(走行時間5時間半弱)

4日目:ルボック→ノーステキサスの新居(走行時間5時間程度)

 

 

カリフォルニア州からアリゾナ州に入ってすぐあたり、

そしてアリゾナ横断中は結構なパトカーの待機率で何回か脇道で捕まっている人をみました。

 

たしかに周りに何もなく、ただひたすらの一本道なのでついついスピードを出したくなるところなのですが、「えー!ここに警察いる?!」ってところに潜んでいるので、油断して御用、となる人も多い気もします。同ルートを通る方はご注意を。

 

旅は安全運転が一番。

 

さて、このルートは結構景色が変わって飽きずに楽しめました。

岩山の道だったり

f:id:tomokosh:20160221024300j:plain

 

山道を抜けたり

f:id:tomokosh:20160221024318j:plain

 

草原?を抜けたり

f:id:tomokosh:20160221024347j:plain

 

アメリカ横断でお馴染みのルート66 (Historic 66)も通ります。

f:id:tomokosh:20160221025044j:plain

 

アルバカーキあたりの古い街はなんだかエキゾチックというか、なんというか。

街の壁に似顔絵がたくさん描かれておりました。

f:id:tomokosh:20160221025403j:plain

 

そして、夕方あたりに楽しみにしていたサンタフェに到着です。

f:id:tomokosh:20160221025503j:plain

Santa Feは某大女優さまの写真集でおなじみですが、本当にここで撮影されたようですね。日本の方にはこのサンタフェという街の名前だけはご存知の方も多いと思います。

 

f:id:tomokosh:20160221025848j:plain

どことなく建物もオシャレです。

小さな町なのですがかなり文化度が高くて、アーティストの街として知られております。ここで生まれた作品がNYのオークションで高額で落札されたという話も聞きました。小さな劇場も、美術館も、博物館も、広場もあり、街歩きにもぴったりです。あと緑が多い。

 

そ し て、

 

何よりも食事が美味しいです!!!!

f:id:tomokosh:20160221025944j:plain

ここで食べに入ったのはコヨーテ・カフェというところで街の真ん中あたりに位置しております。

ルーフトップバーも同じ建物?隣かな?にありまして、夜な夜な大人の集いが開催されている模様。

 

コヨーテ・カフェではタルタルステーキにロブスターを頂きました。

f:id:tomokosh:20160221030133j:plain

f:id:tomokosh:20160221030154j:plain

これがまた美味しいのなんのって。

 

デザートのチョコムースケーキも完璧でした。

f:id:tomokosh:20160221030228j:plain

 

大満足です。おすすめします。ワイン揃えも結構良いです。

ソファー席で頂きましたが、シェフズテーブルのようなカウンターもありました。たまりませんね。

 

日もとっぷり暮れたのでまたとけるように眠りにつきました。

f:id:tomokosh:20160221030807j:plain

プハー。

 

 

ちなみに、ニューメキシコ州に入ったあたりからもう点々としていたカリフォルニア州でおなじみの椰子の木は姿を消しました。

さよなら、カリフォルニア。椰子の木、またあう日まで。