読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のつとめ

カエルワナビーがアメリカで日々のいろいろを綴る話

テキサス発の新食感カスタムサラダ・サンドイッチ(?)のお店の話

テキサスといえば、肉…なのですが、

最近、東京にあるクリスプ・サラダワークスのようなお店を発見してしまった!

テキサスでサラダ!ウレシイ!!ヒャッハー!

 

その名をBREAD ZEPPELINといいます。

 

クリスプ・サラダワークスはもともとアメリカのサラダ屋を参考にしているということですが、基本はほぼ同じ。

 

数あるメニューから基本のサラダとドレッシングを選んで、

店員さんが半月形のナイフで野菜をザグザグ切って、ドレッシングで和える。

 

…と、ここまでは同じなのです、が!

ここからが一味違います。

 

見つけたお店はZeppelinという店名にもなっている新しい食べ方(?)を提唱していて、なんとパンの中身をくりぬいたところに、サラダを詰める!というものであります。

実際の写真はこちらっ。

 

f:id:tomokosh:20160824224944j:plain

パンは、サラダを選んだり切ったり和えたりする間にこんがり焼かれて、

パンの外側がパリッパリで超おいしい。ナニコレー!!

(パンにサラダを詰めるため、店員さんが端を切り落とし、中身をくり抜きます。)

 

写真の中身はケールという青汁の元となっている葉物野菜が中心のサラダを選びました。

今回は純粋にサラダだけにしましたが中に、チキン入れてもOK、エビ入れてもOKです。

 

と、簡単に説明したうえで作業工程を少しご紹介。

 

基本のフィレッシュ野菜のみなさん

f:id:tomokosh:20160824225629j:plain

 

トッピングのみなさん

f:id:tomokosh:20160824225723j:plain

 

サラダを選んでいると隣でパンがカリカリに焼き温められる。

f:id:tomokosh:20160824230224j:plain

 

手前は20種類くらいあるドレッシングで、店員さんが野菜をチョップした後ボウルで混ぜる。量はこちらがOK!というまで入れてくれる。調整可能。

f:id:tomokosh:20160824225829j:plain

 

そして、焼かれて中身を繰り抜かれたパンに詰める!!

f:id:tomokosh:20160824225853j:plain

 

包まれて完了!

f:id:tomokosh:20160824230137j:plain

シールは店名にもなっているZeppelin(飛行船)がかじられてて可愛い。

 

サラダをパンに詰めたくない人は、そのままボウルで頂くことも可能です。

ちなみに一番上の写真、ケールサラダを詰めたZeppelinは、5ドル程!お手頃っ!

バーガーより全然ヘルシーだし、美味しいっ!

 

サラダによってはアボカドやビーツをたっぷり使ったサラダもありますし、自分でカスタムも可能です◎

 

肉ばかりのテキサスには大変ありがたいお店で、発見してからは何度か通っております。

そしてまた通うと思います。それくらい美味しいし手軽。

 

まだノーステキサスのみの5店舗しか無いのですが、西海岸に出しても絶対相性良いだろうし、これから全米展開を期待したいっ…!

そしたら日本・アジア店舗も出来るかもしれないですね。

 

店内こんな感じです。

f:id:tomokosh:20160824232743j:plain